主婦はカードローンで即日借りれるの?条件とかはあるの?

結論から言うと、専業主婦も兼業主婦も即日融資のカードローンが利用できます

 

ただし、消費者金融と銀行カードローンでは申込条件が変わってきますし、専業主婦か、パートで収入をえているような兼業主婦の申込条件が違ってきます。

 

消費者金融の場合

消費者金融は2010年に貸金業法が改正され、総量規制が完全施行となり、それまで一番利用が多いと言われていた主婦がキャッシングを申込む事が厳しくなっています。

 

貸金業法の改正で融資を受けるには年収が無ければ申込が出来なくなったため、パートなどで収入がある兼業主婦の場合は、消費者金融でも銀行カードローンでもこれまで通り申込が出来ますし、融資が受けられます。

 

専業主婦に関しては、収入がないので消費者金融の一般ローンは申込が出来ません。しかし、総量規制には「例外規定」があるので、その中の「配偶者貸付制度」を採り入れている消費者金融なら、年収が無くても申込が出来ます

 

「配偶者貸付制度」とは、主婦(夫)に収入が無くても、配偶者に収入が有ればその収入と併せた合計の3分の1以内で融資が受けられるというものです。ただ、申込条件が本人名義で申込めない事や、配偶者の同意が必要になるので、これまでのように内緒で借りるという事が出来なくなっています。

 

制度としては貸付が出来るようになっていますが、審査や調査に時間がかかるため、大手消費者金融は、採算が取れない事から中止、もしくは廃止にしています。一部の中小消費者金融ならこの制度を取り入れていますが、大手消費者金融の申込条件で本人に安定した収入がある事となっているので、無収入の専業主婦が申込む事は出来ないと考えておきましょう。

 

銀行カードローンの場合

では、専業主婦カードローンの申込が出来ないのかというとそうでもなく、銀行カードローンなら専業主婦専用の商品を用意している銀行があります。銀行カードローンは総量規制の対象外となるため、収入による制限がありません

 

銀行は独自の審査基準を持っているので、収入のあるなしにかかわらず審査に通れば融資が受けられます。

 

カードローン名 金利 融資限度額
イオン銀行カードローン 13.8% 50万円まで
楽天銀行カードローン 14.5% 50万円まで
ソニー銀行カードローン 13.8% 50万円まで
みずほ銀行カードローン 14.6%~ 30万円まで

 

基本的に収入がある事が条件ですが、本人に収入が無くても、これらのカードローンなら配偶者に収入が有れば、本人名義で申込が可能です。

 

インターネット申込が便利

銀行カードローンの申込み方法には、スマホやパソコンを使ってインターネットで申込む方法や、電話、郵送、店舗から申込が出来ますが、最近は手軽に申込が出来るインターネットで申込方法が主流になっています。

 

インターネット申込はパソコンやスマホを使って、24時間365日どこからでも申込が可能なので、わざわざ店舗へ行く必要もありません。申込手続きから振込まで、全てがパソコンやスマホで済ませる事が出来ます。本人確認書類も、スマホのカメラで撮影して画像保存したものをメールでアップロードするだけで完了します。

 

家族に知られる心配がない

銀行カードローンは、消費者金融の「配偶者貸付」のように、配偶者の同意書は不要なので、夫や家族に知られる事も無く、本人名義で借りられるようになっています。

 

また、お金を借りている事がばれたという原因の多くが、郵送物が自宅に届く事です。ローンカードや契約書が発行される場合、自動契約機で受け取る金融機関以外は郵送されてきますが、銀行名だけが入った封書で届くので、中身を見られない限りはカードローンを利用している事ばれるという心配はありません。

 

利用明細書についても、多くの銀行カードローンはWEB明細に切り替えが可能なので、利用明細が送られてくることもありません。

 

専業主婦のカードローン申込時の在籍確認は、自宅もしくは携帯電話に連絡が入るので、連絡先を携帯電話にしておけば、カードローン会社からの在籍確認や問い合わせは、自分の携帯電話にかかってくるので、他の人にばれる心配もありません。

 

金利が低い

お金を借りる場合、誰もが思う事は「少しでも利息を少なくしたい」と考えますが、家計を預かっている専業主婦にとって、利息を少なく借りるという事が重要になってきます。

 

その点、銀行カードローンなら金利を抑えて借りられます

 

また、毎月返済額も2,000円からと言うように、家計を圧迫するようなお金でもないので、安心です。